放課後、図書館からロック・ミュージック。

Add some music to your day.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【フェイバリット】Neon Neon 『Stainless Style』

新しいことを、始めよう

ササキ・タカシ@管理人(26歳・男)

 グリフ版Gorillazですよね。ウェールズのサイケ・ポップ・バンド、Super Furry Animals(以下ファーリーズ)のフロントマンのグリフ・リースと、L.A.のヒップ・ホップ・トラック・メイカーであるBoom Bipの2人によるユニット、Neon Neonが今年の3月にリリースしたデビュー・アルバム。Boom Bip関連の音源は未聴。というか不勉強ながら本作で始めてBoom Bipさんの存在を知りました。欧米ではわりと話題になった盤らしいです。
 正直言うと、本作にはパッと聴き何か新鮮なフィーリングがあるわけでない。まるで80年代のようなダンサブルなエレ・ポップと、それに絡みつくナード系ヒップ・ホップ。エレポップな曲っていうのはファーリーズの方でも結構あるわけで、本作の曲と比べて何か違いはあるか? って言われると首を傾げてしまうようなものだし、ヒップ・ホップの部分に関してはもう手垢がつきまくった音だよなあと言うのが本音。もし本作が5年前に、いや、もう3年前にリリースされてたら手放しで褒められたんじゃないでしょうかね、「グリフがまた面白いこと始めよった!」みたいな感じで。残念ながらこの2008年の世の中でこの手の音楽をやられてもね、なかなかハッとするような刺激もなく、褒めるに褒められないですよ。
 でも、それでも本作を愛さずにいられないなあと思うのは、グリフさん、なんだかとっても楽しそうってところなわけで。新鮮なフィーリングがなくても、やっぱりそこは彼、さすがとしか言いようのないほどのポップなメロディは健在で、っていうか、いつもよりもずっと素直で親しみやすいメロディが全編に冴えわたってて。そこには「新しいことを始めた喜び」が宿っているようで、まるで新人アーティストのようなパワフルな瑞々しさに溢れていて。おまけに、本家ファーリーズにある社会に対するニヒリズムやら逃避衝動やらは本作にはほとんどないんですよ。だって「『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に出てくるタイム・スリップできる車のデザインを担当した人へのトリビュート」がコンセプトのアルバムなんですからコレ? 好きなもの、好きな人のことを自由に音楽にして、10代の少年のように素朴に歌を歌っているグリフさんを、僕はいったいどうしたら無視できるというのか。あ? 「ハッとするような刺激がない」? なにを言ってるんだ俺は? 新しいことを始めてる人がいる、それだけで十分、刺激的なことじゃないか。ロマンティックなことじゃないか。本作にロック・ミュージックのロマンを感じられないと言うのなら、あきらめて携帯ゲーム機でもいじくってた方がいいぜ? あー、僕もそろそろ、新しいことを始めなきゃなあ。何かを始めるためのプレリュードとして最適すぎるメロディが、本作にはズラリと揃っているわけだしな。

Neon Neon 『Stainless Style』 5点

Stainless StyleStainless Style
(2008/03/18)
Neon Neon

商品詳細を見る



NEON NEON - I Told Her on Alderaan / Trick for Treat


NEON NEON - I Lust U featuring Cate Le Bon - Official Video!


Neon Neon - Belfast


スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/18(木) 21:59:46|
  2. フェイバリット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【フェイバリット】 Nine Inch Nails『The Slip』 | ホーム | 【フェイバリット】 Roger Joseph Manning Jr.『Catnip Dynamite』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asrmftl.blog62.fc2.com/tb.php/86-87d2e886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランキング攻略中!

FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 
クチコミblogランキング TREview  人気ブログランキングへ 

プロフィール

ササキ・タカシ


このブログは、80年代に生まれ90年代の音楽を愛した、心は14歳、体は20代のロック少年が、2000年代に発売されたロック・ミュージックをレビューする感想サイトです。

点数基準
10点→生涯の名盤。
9~8点→夢中になれる傑作。
7~6点→良いアルバムだと思う。
5~4点→普通に聴ける。
3~2点→ちょっと退屈。
1点→良さがわからない。
0点→不快。

2009年5月より、採点の仕方をちょこっと変更。
pitchforkにならって点数を小数点第一位まで表示。
管理人の採点をちょっと甘めにしました。

当ブログで記事を書いていたただける20代の方、募集中です。レビューが書きたくてたまらない方、既に自分のブログをお持ちの方、ロックは好きだけど自分でブログをやるのが面倒臭い方、どんな方でもお待ちしています。むしろロックなんてあんまり聴かないような方、大歓迎です。ご連絡ください。

sasaki004y@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。