放課後、図書館からロック・ミュージック。

Add some music to your day.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【フェイバリット】 宇多田ヒカル『HEART STATION』

親近感が沸くキャラになってきてるのは、良いのか悪いのか

ササキ・タカシ@管理人(26歳・男)

 なんか巷では“ケータイ小説歌謡”なるものが流行っているそうで。や、もちろんそういうジャンル名の音楽があるわけではなくて、「ケータイ小説を読んでいるような女子中高生向けのポップ・ソング」のことを揶揄の意味も込めてそうカテゴライズしているようです。あんま詳しくないんで良くわからんのですが、青山テルマ、とか? が、そうなんですか? あと、Lil’Bとか。Lil’Bってどれくらい知名度がある人なんでしょ? エレカシ聴いて感動してるような僕には良くわかりませんわー。で、ま、結局何の話をしたいかというと、別にその“ケータイ小説歌謡”を褒めたいわけでも貶したいわけでもなく、僕が“ケータイ小説歌謡”ならぬ“ブログ歌謡”と勝手に呼称しているポップ・ソングの第一人者である宇多田のヒカルちゃんの現在のところの最新アルバム『HEART STATION』が凄く良かったってことを伝えたいんですよ皆さん!
 宇多田は、緩やかに変化している。まず音の面。若干16歳で「MISIAに続くR&Bディーバ」として鳴り物入りでデビューした彼女ですが、以前のサウンド・プロダクションの黒っぽさはどんどん薄まりつつあり、現在は比較的白っぽい、白っぽいって意味不明だな、北欧系のR&Bみたいな方向になってます。なんかたまにビョークみたいな音してる時とか、ございません? しかも本作は、前作にまだあったゴージャス志向のプロダクションが極力抑えられてて手数の少ない音で構成されている。ほら、たぶん彼女、最近は作詞・作曲だけじゃなくバックトラックまで自身で作っちゃってるみたいだし、一人でやれることをやってたら必然的にそうなってったんでしょうね。といってもシンプルで稚拙なものにはなってなくて、邦楽じゃ聴きなれない音色とか複雑なリズムとかもフレーバーとして乗っかってて。歌謡曲として強度があるメロディはそのままに、妙な実験精神もチラつかせてて、さすが。
 それと、詩作。彼女はある時期から、世のオトメの恋心を代弁するような過剰にドラマティックな歌詞をやめてしまった。もちろん、25歳にもなって「オトメ」もないんだろうし「等身大の25歳女性」のことを歌うのには浮世からかけ離れた存在になり過ぎてしまっているんでしょう。その替わりに、もっと何気ない、日常生活で思ったこと、言いたいことを独り言のように訴えかけるような、要するにOLとかが毎日更新しているブログような歌詞になってきているような気がする。それが良い傾向なのか悪い傾向なのか僕にはわからないけど、何というか妙に生々しく、生活感が漂っているところが面白い。倖田來未の楽曲の歌詞にいきなり「日清カップヌードル」なんて単語が出てきたら企画物のタイアップ・ソングみたくなっちゃうだろうけど、宇多田の場合は例え本当に企画物のタイアップ・ソングだとしてもそう感じさせない説得力があるというか。しかも「カップ・ヌードル♪」って3回も繰り返すんだぜ? バッカじゃなかろうか。
 あーなんかあんま褒めることができずに単なる主観的な説明だけに終始してしまいましたが、ほんと、今回のヒカルちゃんは凄く良かったんですよ。以前ほどのセールスを得ることは出来ないのかもしれないけど、僕は、僕と同学年である彼女を応援したい。次回作に期待ができる、宇多田充実期を高らかに宣言するような、一枚。

宇多田ヒカル 『HEART STATION』 6点

HEART STATIONHEART STATION
(2008/03/19)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る



宇多田ヒカル-HEART STATION


宇多田ヒカル-Beautiful World


Utada hikaru flavour of life ~balladversion~ pv


Utada Hikaru - Kiss & Cry


宇多田ヒカル-Prisoner Of Love


【PV】 宇多田ヒカル - ぼくはくま (2006 11 22))


スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/14(日) 02:18:26|
  2. フェイバリット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<不定期更新が続いております | ホーム | 【フェイバリット】 エレファントカシマシ『STARTING OVER』>>

コメント

僕はこれだめでしたね~。前作の方が好きです。
  1. 2008/12/14(日) 14:00:54 |
  2. URL |
  3. かおもじ #-
  4. [ 編集]

>かおもじさん

えー、「だめ」なんすか?
「前のより良くなかった」じゃなくて?
残念だなあ。
前作も好きですけど、どっちかっていわれたらこっちかなあ。
単純に、全曲ポップで聴きやすいと思うんですけどね。
是非聴きかえしてくださいよ!
ま曲単位で言ったら『誰かの願いが叶うころ』とか『Be My Last』の方が好きだったりするんすけど。
  1. 2008/12/14(日) 23:39:21 |
  2. URL |
  3. ササキ・タカシ@管理人 #4O1D1FCQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asrmftl.blog62.fc2.com/tb.php/83-1b3849a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランキング攻略中!

FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 
クチコミblogランキング TREview  人気ブログランキングへ 

プロフィール

ササキ・タカシ


このブログは、80年代に生まれ90年代の音楽を愛した、心は14歳、体は20代のロック少年が、2000年代に発売されたロック・ミュージックをレビューする感想サイトです。

点数基準
10点→生涯の名盤。
9~8点→夢中になれる傑作。
7~6点→良いアルバムだと思う。
5~4点→普通に聴ける。
3~2点→ちょっと退屈。
1点→良さがわからない。
0点→不快。

2009年5月より、採点の仕方をちょこっと変更。
pitchforkにならって点数を小数点第一位まで表示。
管理人の採点をちょっと甘めにしました。

当ブログで記事を書いていたただける20代の方、募集中です。レビューが書きたくてたまらない方、既に自分のブログをお持ちの方、ロックは好きだけど自分でブログをやるのが面倒臭い方、どんな方でもお待ちしています。むしろロックなんてあんまり聴かないような方、大歓迎です。ご連絡ください。

sasaki004y@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。