放課後、図書館からロック・ミュージック。

Add some music to your day.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【フェイバリット】 エレファントカシマシ『STARTING OVER』

よう、ひさしぶり。最近どうだい?

ササキ・タカシ@管理人(26歳・男)

 まさか、今になってエレカシに心が動かされるとは思わなかった。今年の1月にリリースされたエレファントカシマシの最新アルバム『STARTING OVER』。気持ちの良い傑作。
 僕はエレカシには特に思い入れがあるわけではない。物心がついて音楽に興味を持ち始めた頃には当たり前のように彼らは活動していて、その頃は一般に絶大な人気があったと言うよりコアなロック好きに愛されていたという感じで、ミュージシャンズ・ミュージシャンだった記憶がある。ボーカリストの宮本浩次の声に惚れ込んでいたトータス松本(ウルフルズ)が宮本氏に始めて会った時にもの凄い緊張をした、なんてエピソードがあるのが印象的だった。 TVドラマの主題歌を担当し一般的に認知されるようになってからも大衆受けするような方向には走らず、わずかな路線変更をしながらもコンスタントに活動を続けていた彼らなわけだけど、僕は2000年の大傑作『good morning』とその次回作の『ライフ』以降は積極的に彼らには興味を持てず(っていうか邦楽自体に興味を失ってたんだけどね)、ここ何年かの音源は一切耳にしていなかった。
 ところが、ね、いやあ、インターネットって言うのは本当に便利だ、巡回させてもらってるブログなどで「今回のエレカシは凄く良い」なんて声をチラホラ目にするようになって、「へー、エレカシがねー」なんて思いながら近所のレンタルビデオ屋で本作を借りたのが真夏になってから。聴いてみたら、評判通りの内容。こんなに「良い歌」がたくさんあるエレカシは、初めてだった。
 だいたいね、エレカシの男臭い、暑苦しいところはちょっと苦手だったんだよ。もちろん、本作だってとても女々しい内容だとはいえないのだけど、ここにはあんなに「自分自身であること」の誇示を歌ってきた彼らはいない。代わりに「自分自身であること」を誇示して生きてきたことに対するノスタルジーと、それを肯定する優しさが溢れている。泣きそうになるなあ、4曲目“リッスントゥザミュージック ”とか。挙句の果てには8曲目『翳りゆく部屋』、なんとユーミンのカバー。全曲、力強くも、優しい。宮本浩次42歳の歌は、聴き手が「肯定する」こと優しく肯定してくれている。うーん、またわけのわからない抽象的な文章になってきちゃった。っていうか単純に、全ての曲が胸にジンとくるようなグッド・メロディで出来ているんだ。彼らは、こんなにも多くの人とコネクトできるような音楽を、この2008年という時代に、作ってしまったんだ。
 たぶん、僕があと15歳くらい年齢を重ねたら、本作はもっとグッと心に響くんだろうな。ウルフルズの『9』、曽我部恵一BANDの『キラキラ!』などと合わせて、オッサンになった自分に聴かせたい、世界一ポジティブで美しいアルバムだ。

エレファントカシマシ 『STARTING OVER』 5点

STARTING OVERSTARTING OVER
(2008/01/30)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る



笑顔の未来へ / エレファントカシマシ


スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/11(木) 23:14:11|
  2. フェイバリット
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<【フェイバリット】 宇多田ヒカル『HEART STATION』 | ホーム | 【フェイバリット】 the telephones『JAPAN』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asrmftl.blog62.fc2.com/tb.php/82-7871e8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エレファントカシマシ 絆

まぁ、なんという事でしょう・・・・。エレファントカシマシエレファントカシマシ『すまねえ魂』商品価格:150円レビュー平均:0.0 暑中見舞&#12316;憂鬱な午後&#12316; / エレファントカシマシ商品価格:1,033円レビュー平均:0.0 【フェイバリット】 エレファントカシ?...
  1. 2008/12/28(日) 12:46:22 |
  2. splash!!

ランキング攻略中!

FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 
クチコミblogランキング TREview  人気ブログランキングへ 

プロフィール

ササキ・タカシ


このブログは、80年代に生まれ90年代の音楽を愛した、心は14歳、体は20代のロック少年が、2000年代に発売されたロック・ミュージックをレビューする感想サイトです。

点数基準
10点→生涯の名盤。
9~8点→夢中になれる傑作。
7~6点→良いアルバムだと思う。
5~4点→普通に聴ける。
3~2点→ちょっと退屈。
1点→良さがわからない。
0点→不快。

2009年5月より、採点の仕方をちょこっと変更。
pitchforkにならって点数を小数点第一位まで表示。
管理人の採点をちょっと甘めにしました。

当ブログで記事を書いていたただける20代の方、募集中です。レビューが書きたくてたまらない方、既に自分のブログをお持ちの方、ロックは好きだけど自分でブログをやるのが面倒臭い方、どんな方でもお待ちしています。むしろロックなんてあんまり聴かないような方、大歓迎です。ご連絡ください。

sasaki004y@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。