放課後、図書館からロック・ミュージック。

Add some music to your day.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【レビュー】 くるり『TEAM ROCK』

80年代に生まれ90年代の音楽を愛した、心は14歳、体は20代のロック少年が、2000年以降に発売されたロック・ミュージックのアルバムをレビューするこのブログ。
今回のレビューは、今年2月に発売されたライブアルバム『Philharmonic or die』が好評、くるりが2001年に発表したアルバム『TEAM ROCK』です。


TEAM ROCKTEAM ROCK
(2001/02/21)
くるり

商品詳細を見る



ロック・チーム、くるりを愛する僕らの苦悩

6点 ササキ・タカシ

ひとところには留まれない人がいる。同じ場所に立ち続けることが苦痛な人は、確かにいるのです。例え何か特定のことで認められたとしても、それ自体にももはや「ファック」を唱え、変化し続ける道を無意識に選んでしまう悲しい人たちは、本当にいるんですよ。
 この『TEAM ROCK』というアルバムが発表される以前、僕はくるりのことを「70年代フォークソングを轟音ギターでやってるオルタナバンド」くらいのイメージしか持っていませんでした。ところがどっこい、今作にも収録されているシングル曲『ワンダーフォーゲル』を聴いた時、そんな僕の誤ったイメージは完全に打ちのめされてしまったのです。だって、なんか、ハウスっぽいんですよ? や、当時はハウスなんて音楽には全く知識がなかったもんだから「なんか、電気グルーヴっぽい」って思ったんですよ。ギター、ベース、ドラムの3ピースバンドが、いきなり電気グルーヴになってしまったことの衝撃と言ったら、もう。しかも普通に、さらっと傑作だったんですよ、その『ワンダーフォーゲル』が。くるり、すげえ、カッコいい。これは完全にくるりの時代が来ちゃったんじゃないの? なんて無責任に思ってしまったものです。
 ですが、今作『TEAM ROCK』は少なくとも僕の周辺の人間には、あまり高評価を得ることはできなかったようなのでした。「前と変わっちゃって、ちょっとガッカリだね」、「うん、ちょっとね」。どうやら前作にあたる『図鑑』というアルバムは、多くの人にとって金字塔的作品だったようです。若かった僕は心の中で毒づきました。「このポジティブな変化を認めることが出来ないなんて、どれだけファックな耳してんだ」と。
 でもごめんなさい。くるりさん、ここで僕は謝罪します。そんな僕でも、次作の『THE WORLD IS MINE』の変化にはちょっとついていけませんでした。「どうして『TEAM ROCK』みたいなのをまた作らなかったんだ」と、思ってしまいました。それくらいこの『TEAM ROCK』、僕にとっての金字塔的作品だったんですよ。
 今作の発売から7年近くたった今でも、くるりは変化をし続けています。変わり続けなければいけない、という切なさを背負って、くるりは活動を続けています。いやあ、最新作『ワルツを踊れ』、すごく良かったです。もちろん、『TEAM ROCK』ほどじゃあないですけどね。でも僕はもう彼らに第2の『TEAM ROCK』なんて絶対望みません。ああ、くるりよ、『TEAM ROCK』みたいな過去の作品をまだ愛している僕に、「ファック」と言ってくれ。また『図鑑』とも『TEAM ROCK』とも『ワルツを踊れ』とも全然違うような新しい金字塔を打ち立ててくれ。変化し続ける限り、僕はあなたたちを、愛さずに、いられない。


スポンサーサイト

テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

  1. 2008/03/16(日) 18:19:28|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<それでは聴いてください、Animal Collective “Fireworks” | ホーム | それでは聴いてください、フジファブリック “赤黄色の金木犀”>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asrmftl.blog62.fc2.com/tb.php/8-f44bfaa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランキング攻略中!

FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 
クチコミblogランキング TREview  人気ブログランキングへ 

プロフィール

ササキ・タカシ


このブログは、80年代に生まれ90年代の音楽を愛した、心は14歳、体は20代のロック少年が、2000年代に発売されたロック・ミュージックをレビューする感想サイトです。

点数基準
10点→生涯の名盤。
9~8点→夢中になれる傑作。
7~6点→良いアルバムだと思う。
5~4点→普通に聴ける。
3~2点→ちょっと退屈。
1点→良さがわからない。
0点→不快。

2009年5月より、採点の仕方をちょこっと変更。
pitchforkにならって点数を小数点第一位まで表示。
管理人の採点をちょっと甘めにしました。

当ブログで記事を書いていたただける20代の方、募集中です。レビューが書きたくてたまらない方、既に自分のブログをお持ちの方、ロックは好きだけど自分でブログをやるのが面倒臭い方、どんな方でもお待ちしています。むしろロックなんてあんまり聴かないような方、大歓迎です。ご連絡ください。

sasaki004y@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。