放課後、図書館からロック・ミュージック。

Add some music to your day.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【レコメンド】 1000say

こんにちは、管理人のササキです。
『レコメンド』って企画を始めたいと思います。
前々から、うちで記事を書いてもらってるレビュアーさんとか他のブロガーさんたちとメールやらコメント欄などでやり取りしていて、「こんなバンドがいるんだけど、どう?」みたいな薦め合いをすることが多かったんですね。
僕はそういうやり取りが凄く楽しいと思ってるんですが、何とかその楽しさをそのままブログで記事に出来ないかと思い、こういう企画をやってみようかな、と。
とりあえず、試験運転。
たくさんの方々とこの企画をやれたらいいなと思っています。




推薦するアーティスト : 1000say


STARGAZER ORCHESTRASTARGAZER ORCHESTRA
(2008/07/09)
1000say-A THOUSAND SAY-

商品詳細を見る



【mysapace】 http://www.myspace.com/1000say


1000say 「ONE STORY」 PV




推薦者 : ササキ・タカシ@管理人(26歳・男)

期待度 : ★★

 1000sayと書いて「ア・サウザンド・セイ」って読む日本の若いバンドらしいんですけどね。数ヶ月前に秋葉原のタワー・レコードでやたらプッシュされてまして。女一人男三人のバンドのようです。聴いてもらえばわかると思うのですが、男女のツイン・ボーカルで、音は「ダフト・パンクをロック寄りにして砂糖をまぶしました」みたいなスィートで健康的な感じですね。
 実は彼ら、例によって「ポスト・スーパーカー」なんて有難いんだか有難くないんだかわからない呼び声が高いようでして、ま、男女ツイン・ボーカルだし、音自体もちょっと被る部分もあるみたいですし、そう言われてしまうのはわかる気はするのですが、まさゆきさん、そこらへん、どう思われます? 僕はスーパーカーにはそれほどの思い入れがあるわけではないので「ポスト・スーパーカー」なんてコピーを見ても期待も落胆もしないのですが、スーパーカー好きのリスナーからすれば、果たして現時点で1000sayはアリなのか、ナシなのか。「スーパーカーみたいだから良い」のか、「スーパーカーみたいだからダメ」なのか、はたまた「スーパーカーとは全然違うし面白くない」なのか、「スーパーカーとは違った部分で面白い」のか。
 僕としてはスーパーカーと中田ヤスタカをフェアに抽出したようなベタな感じは、全然嫌いじゃないです。長く聴いていれるか? と聞かれたら微妙なとこですが…


↓  ↓  ↓


被推薦者 : まさゆき(25歳・男) →非社会人的会社員が音楽なんかを語る

期待度 : ★

 多分、先にササキ編集長がこの企画の主旨やらを書かれていると思うので、そんな感じなのですが、正直あまり乗り気ではない。まず、一番の問題点は音源の少なさ。アルバム一枚を聴いてみて「あーだこーだ」言うのは今まで通りありだと思うけど、YOUTUBEなどの音源だけを数曲聴いて何か言うには、あまりにも判断材料が少な過ぎる。言ってしまえば無責任だし、音楽をやっている側にも失礼だと思う。「だったらお前なんなんだよ」と突っ込まれるが、「はい」と返事をしてしまったからには仕方がない。と、今度はササキさんに失礼な訳ですが、面白くなるのかどうかは全く分からないけど、とりあえず参加してみます。ネットやブログの様に軽薄な環境にあっても、それを通じて素晴らしい音楽に度々遭遇してきた事も事実だし、そうある事を願って…。
 では、ここからが本題ですが、1000sayなる男女ツイン・ボーカルの新人バンド。サビを中心に空間を埋めるだけのエレクトロニック・サウンドにはかなり萎える。歌詞カードを見ながら聴いた訳ではないけど、「机の中に思い出をしまい大切にしているよ」と。「いつかは約束の地で会おう」と。友情をどうしても美化したくてしょうがない様だ。別に悪くはないけど、高校生が学園祭のために結成して、その勢いで卒業ライブとかで歌ったら学校の女子を中心に人気が出る程度の世界観。
 秋葉原のタワレコで「ポスト・スーパーカー」とか呼ばれていたみたいですが、スーパーカーとの接点を見つけられるとしたら、「男女ツイン・ボーカル」と「エレクトロニック・サウンドの導入」くらいなもんなのか。健康的で爽やかなボーカリゼーションと音質にスーパーカーを感じる要素は皆無で、ただ単に編成が一緒なだけにしか思えん。つまり「スーパーカーみたいだからダメ」でも、「スーパーカーとは全然違うし面白くない」でもなくて、いま現在の僕の感覚で言うと「スーパーカーみたいでもダメ。そのバンドとは違うけど、彼(女)らもダメ」となる。
 いや~、「ONE STORY」って曲を聴いただけだからあれなんだけどさ。なんて言うか「ポスト・スーパーカー」って使い古されたコピーほど、新人バンドが損をするものも他にないと思う。ナカコーなんて『ロック・アルバム』では、キャリア内でのスーパーカーを完全に過去形にした感があるし、インタビューを見るとその先も見据えている訳で、「スーパーカー」という名を出す事が、新人バンドにとってもショップにとっても効果的だった時代は既に終わってしまったと。レコード店なりが使いやすいからって、やたらとコピーで使うのは若い芽を摘む一方ですな。スーパーカーみたいなバンドを応援するんなら、それこそナカコーの活動に耳を傾けて行きたい。


スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/19(金) 00:22:06|
  2. レコメンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【フェイバリット】 British Sea Power『Do You Like Rock Music?』 | ホーム | 【フェイバリット】 鈴木慶一『ヘイト船長とラヴ航海士~鈴木慶一 Produced by 曽我部恵一~』>>

コメント

>ナカコーなんて『ロック・アルバム』では、キャリア
>内でのスーパーカーを完全に過去形にした感があ
>る

おお、『ロック・アルバム』、僕は未聴ですがそんなに良いんですか?
評判的にはちょっと地味な印象があるのですが・・・

>「スーパーカー」という名を出す事が、新人バンド
>にとってもショップにとっても効果的だった時代は
>既に終わってしまったと

これはもう、完全にその通りですよね。
まあ前向きに考えれば、やっと作り手も聞き手も、スーパーカー・コンプレックスから脱却したとも言える。
  1. 2008/09/19(金) 01:26:05 |
  2. URL |
  3. ササキ・タカシ@管理人 #4O1D1FCQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asrmftl.blog62.fc2.com/tb.php/68-4250bfa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランキング攻略中!

FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 
クチコミblogランキング TREview  人気ブログランキングへ 

プロフィール


このブログは、80年代に生まれ90年代の音楽を愛した、心は14歳、体は20代のロック少年が、2000年代に発売されたロック・ミュージックをレビューする感想サイトです。

点数基準
10点→生涯の名盤。
9~8点→夢中になれる傑作。
7~6点→良いアルバムだと思う。
5~4点→普通に聴ける。
3~2点→ちょっと退屈。
1点→良さがわからない。
0点→不快。

2009年5月より、採点の仕方をちょこっと変更。
pitchforkにならって点数を小数点第一位まで表示。
管理人の採点をちょっと甘めにしました。

当ブログで記事を書いていたただける20代の方、募集中です。レビューが書きたくてたまらない方、既に自分のブログをお持ちの方、ロックは好きだけど自分でブログをやるのが面倒臭い方、どんな方でもお待ちしています。むしろロックなんてあんまり聴かないような方、大歓迎です。ご連絡ください。

sasaki004y@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。