放課後、図書館からロック・ミュージック。

Add some music to your day.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【レビュー】 The Avalanches『Since I Left You』

今回のレビューは、オーストラリアのバンド、ザ・アバランチーズが2001年にリリースした1stアルバム『シンス・アイ・レフト・ユー』です。


Since I Left YouSince I Left You
(2004/07/13)
The Avalanches

商品詳細を見る



初めての興奮

9点 永作佳紀(23歳・男) →創作集団 Ditto

 最近はウォークマンで音楽を聴くことに抵抗を覚えていました。ウォークマンがあると常に音楽が聴けてね。会社への通勤時間が楽しいしね。テンションが下がっているときには音楽に助けてもらってね。そんな具合でウォークマンを常に耳にしながら歩くのが当たり前になっていました。
その一方でウォークマンを耳にしていると外の音が聴こえ辛くなりました。生活の音が聴こえなくなって音楽が常にあって、目に映る景色が違って見えるようになりました。「やっぱり音って目に映る景色を変えるんだ」と思っていました。そう思ってからウォークマンで音楽を聴くのが退屈になったのです。たくさんの音楽を聴きたいと思っていて、音楽はやっぱりおもしろく感じるのですが、音楽を聴くモチベーションが下がってきていたのです。そしてウォークマンを外して通勤をしたとき、聴こえてくる生活の音に大興奮してしてしまったことも理由やね。いろんな音が聴こえてくるのよ。通る道によって聴こえてくる音が違うのよ。それがおもしろくておもしろくて。ウォークマンをしながら歩くのがもったいなくなってしまいました。でもウォークマンで音楽を聴かなかったら音楽を聴く量が断然少なくなります。それも残念なのです。最近は音楽を聴くより環境の音を聴くほうがおもしろかったのです。
そこで今回の課題のアバランチーズですよ。万歳! 大興奮しました。生活の音に興奮したときとはまた違う興奮。やっぱり音楽ってすごいなぁと思わせてくれたのです。もう、なんでもあり感が漂ってきて、予想のつかないリズムだったり音だったりで楽しくて楽しくて。良い映画を観終わったときの疲れた感じも心地良くて、音楽でこんな感じになれたのは初めてでした。一期一会の生活の音に出会う感じのアバランチーズの音楽。ああやっぱり音楽ってすげぇや。アバランチーズすごいや。


思い出がいっぱい

5点 ササキ・タカシ(25歳・男)

 初めて聴いた時、「ああ、なんで今までこんな素晴らしい音楽を敬遠していたんだろう」って後悔したんですよ。ジ・アヴァランチーズ。この2008年の世の中で一体どのくらいのリスナーが彼らのことを憶えてるんでしょうね。発売当時はかなり話題になってたらしく欧米のみならずここ日本でもそれなりの評価を得ていたみたいで、ミュージック・マガジン誌の年間ベストのロック[イギリス/オーストラリア]部門で第5位、スヌーザー誌の年間ベストで第4位、手元に資料がないのでわからないんですけど確かBUZZ誌やクロス・ビート誌でも年間ベストにもランクインしていたと思います。でも、僕が初めて聴いたのは一昨年の夏でして、そうですね、ちょうど今みたいな暑さのピークが来る前の時期ですね、youtubeでタイトル・トラックの“Since I Left You”の素晴らしいPVを見てえらく感動したんですよ。それで本作を毎日のように聴いたんだよなあ。それからは昨年の夏も、今年の夏も、気温が25度を超える頃にふと“Since I Left You”のメロディが頭によぎるんですよね。
 僕が発売当時2001年に本作を敬遠していた理由は明白で、本作が「900以上のサンプリングソースのみで構成されたアルバム」って触込みだったからなんです。まだ10代だった僕にはそれがどんなもんなのか想像できなかったし、何よりそんなもんが面白いだなんて少しも思えなかった。ま、仕方がないよな当時の僕。お前はJ-POPとギター・ロックしか聴いてなかったしな。それどころか、クラブ・ミュージックとかヒップ・ホップにほんのり嫌悪感を抱いてたしな。いやあ、若かったなあ、当時のお前は。お前にも聴かせてやりたいぜ、夏の思い出が万華鏡のようにきらめくこのアルバムを。
 オーストラリアのメルボルン出身の6人組ジ・アヴァランチーズのデビューアルバムである本作は、無理矢理ジャンルで括ればブレイク・ビーツかなと言える音で出来たパーティ・アルバムです。前述したように既成のサンプリングソースのみを使って全18トラック、ノンストップで切れ間のない、アルバム全体で一曲とも言えるようなコンセプトアルバムとなっています。サンプリングされているのはマドンナやデ・ラ・ソウルとからしいですけど、残念ながら僕には元ネタがひとつもわからなかった。でも凄いことですよね。サンプリングのみで曲を作るだなんて、許可取るだけでもかなりの苦労だろうに。二次使用にうるさそうなあのマドンナが、曲を聴いたその場でサンプリングの許諾を一発OKしたっていう逸話があるらしいです。ちょっと感動。
 ブレイク・ビーツといってもゴリゴリとしたものではなく、まるでソフト・ロックのような優しくてちょっぴりサイケな感触。初夏の空気を吸い込んだ時の躍動感と、夏の終りに感じる切なさのが入り交じった懐かしきフィーリング。そう、多分、これは記憶の音楽なのです。サンプリングされているの単なる音ではなく、それにまつわる思いや記憶の断片。新しい世界の船出を思わせるような展開から感じるのは、人間が有史の中で繰り返してきた夏の日の出会いと別れ。
 なんてポジティブで革新的な音楽なんだろう。本作に続くようなポップ・ミュージックがいまだに作られていないのは残念なことです。当の本人たちも、本作を一枚リリースしたきり現在まで沈黙中。うわさでは昨年の時点で2ndアルバムを完成させたみたいなことを聞いたんだけどな、どうしんたんだろうな。早く次回作をリリースしてくれると嬉しいけど、でもま、本作を聴いて気長に待つことにするよ。もう初めて聴いた時のような驚きはないけど、きっと夏になるたびに、本作を聴きかえすだろうな。飽きないですよ。それはたぶん、本作が確実に色あせることのない僕の夏の日の思い出の一部となってきてるからなんじゃないかなあ、なんて、思うんですよね。


The Avalanches - Since I Left You


The Avalanches - Frontier Psychiatrist (Good Quality)






今回の選盤理由(ササキ・タカシ)

・えー、正直今回は理由なんてないです。あえて言えば、夏だから。

・本当はタヒチ80の1stをやるつもりだったんですけど、あれ、オリジナル盤は1999年リリースらしくて、「2000年以降のアルバムをレビューする」ってコンセプトに反するのもどうなんかなあって思い、似たようなフィーリングの本作を選んだ次第です。

・永作くんがコーネリアスとかDE DE MOUSEとか好きらしく、「じゃあこういうのはどうよ?」みたいなことで。

・ホントにね、2ndアルバム、いつでるんでしょうねえ。



次回(7月20日更新)のレビューは、
My Chemical Romance『The Black Parade』です。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/14(月) 04:06:54|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<【レビュー】 My Chemical Romance『The Black Parade』 | ホーム | レビューで点数を付けることについて>>

コメント

こちらのブログにコメントを残すのは、はじめましてですね。
xtal9270と申します。

個人的には、9.8点あげたいくらい、このアルバムは大好きです。
セカンドアルバム、あったとしても、これ以上のものにはならない気がするので(笑)、正直、このファーストだけで終わってしまっても私は十分満足なんですよね。

聴いてる最中、「あ~、今幸せだな~。」と感じられることが、何より素敵だったりします。
  1. 2008/07/16(水) 05:48:14 |
  2. URL |
  3. xtal9270 #-
  4. [ 編集]

>xtal9270さん

コメントありがとうございます!

すげえ、9.8点ってそれ、ほぼ満点じゃないですか。
僕はそこまで大満足できないなあ。
いやいや、次回作、なきゃ嫌ですよ。
たとえ本作以上のものにならなくても、やっぱ新しい音源が聴きたいっす。

なんか似たような感じのアルバム、ありません?
これみたいな、幸せな気分になれるフロア・ミュージックみたいなの。
  1. 2008/07/16(水) 23:15:06 |
  2. URL |
  3. ササキ・タカシ@管理人 #4O1D1FCQ
  4. [ 編集]

偶然は音楽

mixiに一応登録している俺。
1週間に1回くらい開いて、自分のミュージック項を見たりしています。今日はたまたま「足あと」を見てみた。そしたら、このホームページを作っている人かな?の、足あとが。クリックしてみたら「Since I Left You」という文字が。 ここぞとばかりに俺もレビューをしています。
 Since I Left You ~ 名前から最高やね。泣かせて。i-Podで再生した回数一番多いんじゃないかな。聴くもんなかったらとりあえず再生してまうんやね。
 俺は初めて聴いたのは、多分2005年やったと思う。
その頃、拝むように読んでいたスヌーザー(やっぱりかよ)の、バックナンバーで、このアルバムが年間ランキング上位で、コメントからもとても気になったので、タワーレコードに買いにいった。 ジャケットもいいね。とてもいい。
 感想。覚えていない。すみません。衝撃とか、電撃とか、たいそうなもんは走った記憶はありません。まあ、基本的に刹那的なタイプではないのかな俺は。なので、長いスパンで考えてみよう。。
 初めて聴いてから3年くらい経ったかな。現在に至るまで色褪せる事無く輝き続け、刺激をもらい続け、僕の体を揺れ踊らせ続け、しかも友達に勧めてもはずれない、この奥深さとダンスミュージックとしての楽しさと、キラキラなポップネスは、他の追随を許さないよ絶対。と、いうか『他』はおらんね。わからんけど。おったら知りたいけど。
 「踊る」って、これやなぁ俺は。この感じでオールナイトしたらどんなに気持ちいいことか。屈したい。ひれ伏してほしい。ビーチで聴いたらもっと死ぬよ。
 俺たち日本人も、折衷的な、ゴチャゴチャな感じが好きなんかもしれんけど、オーストラリアも近いんかもね。辺境やもんね。ワールドカップでも微妙な立ち位置やし。
 それでもそんな遠い国から俺らを興奮させてくれてありがとう。早く新しいやつ出せや。そして、こうやって僕がレビューしているのも何かの縁(偉そうやけど)。
 音楽って素晴らしい
  1. 2008/07/17(木) 21:19:55 |
  2. URL |
  3. nakano hiroki #-
  4. [ 編集]

>nakano hirokiさん

お、お、おお! どうしたんすか!
すげえ! 素晴らしいなあ!
はっはっはー、最近で一番感動しましたよ!
コメントありがとうございます。
や、コメントっていうかレビューありがとうございます!
コメント欄にレビューが書き込まれてるの初めてみました!
バカにしてるわけではないですよ?
本気で感動してます!
情熱が伝わるレビュー、最高っす!

しかし凄いなアヴァランチーズ。
「今時アヴァランチーズなんて取上げても、反応ないだろうな」とか思ってたんですけど、いくつかリアクションしていただけて嬉しいです!
なんていうか、僕はたぶん、本作の良さを全然理解できてないんだなあって思いました。
5点なんて付けたのが恥ずかしくなってきたな・・・

いろんな人にアヴァランチーズ聴いてもらいたいすね。
引き続き、2nd、熱望!

音楽って素晴らしい
  1. 2008/07/18(金) 00:38:37 |
  2. URL |
  3. ササキ・タカシ@管理人 #4O1D1FCQ
  4. [ 編集]

そうそう、このアルバムを聴くと、音楽の素晴らしさっていうか、音楽を聴く喜びみたいなのを感じられるから好きなんです。ちょっと大袈裟かな。

これに似たようなアルバム、考えてみたのですが、Cornershopってのも違う気がするし、Lemon Jellyなわきゃないし、同郷でGeringかな~とも思うけど、それもいまいちピンとこないですね。

ここまで絶妙なポップ・ミュージックとしてのバランス感覚を持つフロア・ミュージックって、なかなかない気がします。

  1. 2008/07/18(金) 03:19:29 |
  2. URL |
  3. xtal9270 #-
  4. [ 編集]

勇み足

えー、コメントを投稿した後に、「しまった」と、思いました。新参者が完全に空気を読めていない感じ。
 レビューしている俺と、そうでない人たち。恥ずかしながら基本から外れていたのですね。。うー

ま、アヴァランチズの如く、規格外の興奮を伝えたかったという言い訳をしたいです。

楽しそうなブログなので、時間がある時に読ませて頂きます。ありがとうございます。失礼しました。。
  1. 2008/07/18(金) 23:53:23 |
  2. URL |
  3. nakano hiroki #-
  4. [ 編集]

>xtal9270さん

よそで散々言われてますけど、感じとしてはマーヴィン・ゲイの『ホワッツ・ゴーイング・オン』のA面の雰囲気に近いかなあと思うんですよね。
『ホワッツ・ゴーイング・オン』はフロア・ミュージックじゃないのでアレですが、「音を楽しむ」ってことにおいて同様のフィーリングを感じます。

Lemon Jellyは未聴です。ぜひ聴いてみたいですね。
  1. 2008/07/22(火) 00:47:56 |
  2. URL |
  3. ササキ・タカシ@管理人 #4O1D1FCQ
  4. [ 編集]

>nakano hirokiさん

>ま、アヴァランチズの如く、規格外の興奮を伝えたかったという言い訳をしたいです。

いやいや、その意図、充分すぎるくらい伝わりましたよ!
ホント感動しました!
メールの方でもご連絡させていただいたんですが、ぜひマイミクになってください。
お願いします。
  1. 2008/07/22(火) 00:50:23 |
  2. URL |
  3. ササキ・タカシ@管理人 #4O1D1FCQ
  4. [ 編集]

THE AVALANCHES いいですねー

THE AVALANCHES _“Since I Left You”
女性ヴォーカルの不思議具合がとてもよくて、大好きな曲です。
ビデオもよかった。二人の炭鉱夫が生き埋めになって、穴から頭が出ることができて、
見るとそこは鄙びた酒場みたいなフロアーで、カッコかわいいミニドレスのダンサーと
太った方の炭鉱夫がダンスする。
  1. 2009/05/14(木) 12:01:15 |
  2. URL |
  3. ストローク #-
  4. [ 編集]

>ストロークさん

ストロークさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
僕が彼らを好きになるきっかけは全くもってあのPVでしてね。
もうあれには完全にノックアウトでしたよ。
『Frontier Psychiatrist』のPVも面白いっすよね。
PVがなかったら僕はここまで好きにならなかったかもなあ。
  1. 2009/05/18(月) 17:01:47 |
  2. URL |
  3. ササキ・タカシ@管理人 #4O1D1FCQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asrmftl.blog62.fc2.com/tb.php/51-9e5bca60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランキング攻略中!

FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 
クチコミblogランキング TREview  人気ブログランキングへ 

プロフィール


このブログは、80年代に生まれ90年代の音楽を愛した、心は14歳、体は20代のロック少年が、2000年代に発売されたロック・ミュージックをレビューする感想サイトです。

点数基準
10点→生涯の名盤。
9~8点→夢中になれる傑作。
7~6点→良いアルバムだと思う。
5~4点→普通に聴ける。
3~2点→ちょっと退屈。
1点→良さがわからない。
0点→不快。

2009年5月より、採点の仕方をちょこっと変更。
pitchforkにならって点数を小数点第一位まで表示。
管理人の採点をちょっと甘めにしました。

当ブログで記事を書いていたただける20代の方、募集中です。レビューが書きたくてたまらない方、既に自分のブログをお持ちの方、ロックは好きだけど自分でブログをやるのが面倒臭い方、どんな方でもお待ちしています。むしろロックなんてあんまり聴かないような方、大歓迎です。ご連絡ください。

sasaki004y@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。