放課後、図書館からロック・ミュージック。

Add some music to your day.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【レビュー】 サンボマスター『サンボマスターは君に語りかける』

今回のレビューは、今年1月に発売された最新アルバム『音楽の子供はみな歌う』も好評な、サンボマスターの2005年発表の2ndアルバム『サンボマスターは君に語りかける』です。


サンボマスターは君に語りかけるサンボマスターは君に語りかける
(2005/03/24)
サンボマスター

商品詳細を見る



なんであなたはサンボマスターなの…

8点 永作佳紀

 このアルバムには感情移入しすぎてしまいます。今までで一番近くに感じるアルバムです。最初、何回か聴いたときはサンボマスターの曲の最初や最後に「歌声を起これ!」とか叫ぶのが、どうなのかな? と思っていたのです。別にそんなに具体的に叫ばなくても伝わっているよと。毎回聴くたびにそう思っていたわけですよ。
 でもいつもそうなのですが、気になるところは好きになっちゃうんですね。あのストレートすぎる叫びはちょっと恥ずかしいし厚かましいのですが、なんともそこが好きになってしまうんですね。そんな感じでボクにサンボマスターは近づいてきてくれるわけで。
そんでもって世の中には映画や写真や絵や音楽があるわけですけど、ボクがそれらをいいと思う基準は、走りたくなるか、ならないかなんです。サンボマスターを聴くと単純に走りたくなるんですね。
いつ聴いても、傷心を感じつつ走り出したくなるのは、サンボマスターが、ボクにはなんか合うんだろうなぁと思うのです。
なんかね、聴いていて抱きしめたくなるんです、サンボマスターを。抱いてほしいじゃなくて、抱きしめたくなるの、ああサンボマさん、なんであなたはサンボマなの…


古いタイプのロマンチストなだけなのかもしれません

5点 ササキ・タカシ

個人的に、サンボマスターは2000年代邦楽ロック最大の発明だと思っているのです。90年代J-POPを感傷的に思い出させるメロディ、シンプルでダイレクトで尚且つ文学的に吐き出される詩作、ブラック・ミュージックをベースにしたサウンドとボーカル。この『青春パンク』の括りで語るにはあまりにも技巧的で、しかしサウンドの複雑さを気にさせないほど荒くレコーディングされたトラックというのは、恐らくかなり意図的に作り出された結果のものであり、サンボマスターは現日本のメインストリームで一貫したコンセプトを持って活動をしている数少ないロックバンドの一つなんだと僕は思うのです。
 この『サンボマスターは君に語りかける』というアルバムは彼らの出世作であり、現在のところ最大の評価と売り上げを記録したアルバムとなっているそうです。でも、ちょっと待ってください。なんとなく、つり合ってない気がするんですよ。僕らはこんなにサンボマスターというバンドを愛しているのに、彼らはその愛に見合うだけの傑作をいまだに生み出してないんじゃないですか? 今作を聴いていても、まるで魔法にかかったような瞬間がいくつもあるにも関わらず、アルバム全体としては、普通の良く出来たロック・アルバムになっちゃってるんじゃないですか? おおっと、批判的なことを言うつもりはサラサラありません。ただね、ただ本当にサンボマスターこそが2000年代を代表する邦楽ロックアルバムを制作すべきなんじゃないのか、とか思っちゃったりなんかしてるんです。っていうか、もう何て言うか、21世紀のRCサクセションに、21世紀のブルー・ハーツになれるのは、彼らしか、サンボマスターしかいないと思ってたんですけどね、それって、やっぱり過大評価なんでしょうかね?
 今作の2曲目『青春狂騒曲』から『美しき人間の日々』までの3曲を聴いていると、僕の高慢な顔面から、笑みと涙が無意識に溢れてしまっていることにふと気付きます。確かに僕も、古いタイプのロマンチストなだけなのかもしれません。彼らの歌を聴いているその時間だけは、2000年代の邦楽ロック云々なんて面倒くさい屁理屈は忘れてしまっているのですから。


スポンサーサイト

テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

  1. 2008/03/09(日) 20:11:21|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<それでは聴いてください、Lucky Soul “My Brittle Heart” | ホーム | それでは聴いてください、M.I.A. “PAPER PLANES”>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asrmftl.blog62.fc2.com/tb.php/4-4a478cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

My r[

T{}X^[wT{}X^[?N?肩x?lI?AT{}X^[2000NMybNő??vĂ?łB90NJ-POP?I?vo郁fBAV...
  1. 2008/03/21(金) 08:09:49 |
  2. My@ŐVNEWS!

ランキング攻略中!

FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 
クチコミblogランキング TREview  人気ブログランキングへ 

プロフィール

ササキ・タカシ


このブログは、80年代に生まれ90年代の音楽を愛した、心は14歳、体は20代のロック少年が、2000年代に発売されたロック・ミュージックをレビューする感想サイトです。

点数基準
10点→生涯の名盤。
9~8点→夢中になれる傑作。
7~6点→良いアルバムだと思う。
5~4点→普通に聴ける。
3~2点→ちょっと退屈。
1点→良さがわからない。
0点→不快。

2009年5月より、採点の仕方をちょこっと変更。
pitchforkにならって点数を小数点第一位まで表示。
管理人の採点をちょっと甘めにしました。

当ブログで記事を書いていたただける20代の方、募集中です。レビューが書きたくてたまらない方、既に自分のブログをお持ちの方、ロックは好きだけど自分でブログをやるのが面倒臭い方、どんな方でもお待ちしています。むしろロックなんてあんまり聴かないような方、大歓迎です。ご連絡ください。

sasaki004y@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。