放課後、図書館からロック・ミュージック。

Add some music to your day.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【フェイバリット】 UNCHAIN『Music is the key』

無限の光が奏でゆくメロディ?

ササキ・タカシ@管理人(26歳・男)

音楽通ぶって「邦楽も洋楽も好きだよ。日本語かそうじゃないかの違いだけじゃん」なんてことを言う輩がね、巷にはいるわけですよ。
ま、僕のことなんですけど。
いやま、本気でそう思ってるわけではないんです。
やはり洋楽と邦楽(というか国ごとのポピュラー・ミュージック)の雰囲気の差っていうのは言葉の違い以上のものがあって、じゃあネイティブな英語の発音が出来る日本人が英詞の曲を唄ったら洋楽と代わらんもんができるのかって言ったら、やっぱりそうでもない。
僕、思うにね、日本人ってどうも音楽に対して真摯っていうか生真面目過ぎるというか、なんかやたらシリアスでヘヴィな感じがしません? ヘヴィなサウンドって言うんじゃなく、聴き心地がどっしりしてるというか。
特にロキノン系(音楽誌『rock'in on JAPAN』で取上げられてるアーティスト)のバンドとか、インディーズのバンドとかそんな感じするでしょ?
しませんか。
そう思ってるの僕だけなのかなあ。
洋楽のロックしか聴かないリスナーが邦楽を聴かない原因のひとつ、それだと思うんですけどね。
優等生すぎて、だせえっていう、ね。
あ、僕は日本人の真摯で真面目な音楽も、それはそれで好きです。
ただこればっかりは、好みの問題ですよね。

UNCHAINは京都出身の4人組で、1996年から活動を開始、2005年に初音源を発表、昨年2008年にリリースした1stフルアルバムがいたるところで評価されていたバンド。
その1stは未聴、僕は本作で初めて彼らの音源を聴きました。

彼らの音楽はなんというか、軽快だ。
ギター・ポップやらファンクやらジャズやらソウルやらが混じったサウンドは至って真面目。
たぶん演奏力の高さからなんでしょうね、若さや衝動で作られた音楽ではない。
もう優等生すぎるほどに優等生なわけです、このバンドも。
しかして、それでも彼らの音楽がシリアスでもヘヴィでもなく軽快なものとして僕の耳に聴こえてしまうっていうのは、そのどうしようもないほど甘ったるく感傷的なメロディとボーカル、そして無責任なロマンティシズムのみで構成された(内容がないとも言える)日本語のリリックのおかげなのだと思うのです。
邦楽特有の、内省的なセンチメンタルさはほぼ皆無。
花がキレイで、星が瞬いていて、宇宙は広くて、“君”を愛していて、と言う世界観(ちょっと誇張して書きすぎたけど)を臆面もなく楽曲に封じ込めることが出来る日本人が、彼ら以外にどれだけいるのでしょう?
現在の日本で真の意味でのパンク・バンドって、彼らなのかもしれないですね。

そんなわけで、既に『ミュージック・マガジン』誌や『MUSICA』誌など様々なメディアで指摘されている通り、英語詞の曲を減らして日本語詞のみでやっていった方がいいんじゃないですかUNCHAIN。
日本語詞の曲の方が抜群に面白いすよ。
英語の曲、なんかただのお洒落ポップなだけに聴こえちゃう。

シングル曲の“Across The Sky”はムサい26歳男子の僕が思わず鼻歌を歌っちゃうほどの名曲。
暖かい春の日とか、星がキレイな夏の夜とか、そういうベタなシチュエーションで聴いちゃっていい曲ですよ。
この一曲でグッときた人は、今後とも要チェックのバンドです。

UNCHAIN 『Music is the key』 6.6点

Music is the keyMusic is the key
(2009/01/28)
UNCHAIN

商品詳細を見る

UNCHAIN 11.5 Across The Sky (1st Single)


Brighter Days/UNCHAIN


UNCHAIN stillness in the wind
スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/06/24(水) 00:04:16|
  2. フェイバリット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【お知らせ】 告知です。ササキが演劇の公演に出演します。 | ホーム | 【メモ】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asrmftl.blog62.fc2.com/tb.php/111-923be688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランキング攻略中!

FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 
クチコミblogランキング TREview  人気ブログランキングへ 

プロフィール

ササキ・タカシ


このブログは、80年代に生まれ90年代の音楽を愛した、心は14歳、体は20代のロック少年が、2000年代に発売されたロック・ミュージックをレビューする感想サイトです。

点数基準
10点→生涯の名盤。
9~8点→夢中になれる傑作。
7~6点→良いアルバムだと思う。
5~4点→普通に聴ける。
3~2点→ちょっと退屈。
1点→良さがわからない。
0点→不快。

2009年5月より、採点の仕方をちょこっと変更。
pitchforkにならって点数を小数点第一位まで表示。
管理人の採点をちょっと甘めにしました。

当ブログで記事を書いていたただける20代の方、募集中です。レビューが書きたくてたまらない方、既に自分のブログをお持ちの方、ロックは好きだけど自分でブログをやるのが面倒臭い方、どんな方でもお待ちしています。むしろロックなんてあんまり聴かないような方、大歓迎です。ご連絡ください。

sasaki004y@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。