放課後、図書館からロック・ミュージック。

Add some music to your day.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【レビュー】 TV on the Radio『Return to Cookie Mountain』

今回のレビューは、米国のバンド、TVオン・ザ・レディオが2006年にリリースした2ndアルバム『リターン・トゥ・クッキー・マウンテン』です。


Return to Cookie MountainReturn to Cookie Mountain
(2006/09/12)
TV on the Radio

商品詳細を見る



現在進行形のモダン・ロック

9点 マサ太郎(22歳・男) →Blogs Like Teen Spirit 2

前回のお題であったブライアン・ウィルソンの『スマイル』、投稿が間に合えば僕は9点か10点を付けただろう。しかし敢えてあの盤に文句を付けるのであれば、「昔は死ぬ思いで音の鳴りを研究しまくった人が、今は割と普通の技術で普通の録音をしてしまうこと」となる。それに対して今回のお題であるTVOTR、特にこのセカンド・アルバムは、これぞ00年代のロックと呼ぶに相応しい仕上がりとなっている。ニューヨークのブルックリンが生んだ人種の混成、緻密に作り込まれた折衷主義、そしてぶっ飛んだ音響…。アンティバラスのメンバーが持ち込んだアフリカ性もさることながら、黒人音楽への愛情はジャズ、ソウル、ゴスペル、あるいはドゥーワップにまで及び、白人的ロックへの理解はシューゲイザー経由のポスト・ロックにまで及んでいる。反歴史主義的なアヴァン・ロックが注目を集める今のブルックリンにおいて、歴史を踏まえた上で鳴らされる彼らの未来性は、そのポテンシャルにおいて既にレディオヘッドを超えていると言えよう。音の大まかな印象はある種の儀式音楽のようでもあり、愛と笑いが彩る世俗音楽のようでもあり、時代の混乱と悲しみを写し出した実にニューヨークらしいモダンなアート・ロックのようでもある。リスナーの感傷的な被救済体験を主語にすることなく語り継がれるであろう、現在進行形のロック・ミュージックがこれだ。音楽がファーストフードかトレーディング・カードかサプリメントのようになった今の時代に、「尻軽に色々なアルバムを聴くのではなく、一つのアルバムを繰り返すことがより実りあるリスニング体験になる」ということを教えてくれる、実に貴重な一枚でもある。そして、世界で最も待ち望まれていた未知なる新作が、今月23日にリリースされる。その仕上がりがどうであれ、それが今年一番の話題作になることは必至である。


ポールまたぎの宇宙

8点 永作佳紀(23歳・男) →創作集団 Ditto

 いつも無駄なことってやってしまうもので、歩道を歩いているときアスファルトから出ているポールをまたいでみたり・・・いやぁ、無駄なことで思いつくのはそれだけか。
なんでポールをまたぐかというと、股間にポールがあたらないようにポールと股下を調節してまたぐのがボクの日頃の挑戦なのである。なかなか高度な技術を要する。ポールと股間をスレスレでまたぐのがボクの美学で、瞬時にポールの高さを計算してまたぐ。うん、全く高度な技術を要しないね。
 つまりなにが言いたいのかというと、このくだらない習慣がボクの日常の重要な部分を占めていて、ボクと言えばこの何の役にもたたないことを真剣にしている人でこと足りてしまう。こんなこと他人には本当にどーでもいいことに違いないんですよね。
とにかくポールをまたぐのがボクです。
 ということを言っておいて今回のアルバムと何かつながるのかと言えば、ボクにはつながったのです。今回のアルバムを聴いていて音楽ってくだらないなぁって何回思ったことか。このアルバムはボクのほとんどの部分を満たしてしまっている。アルバムを聴いているとボクの人生だーなんて思って、こんな小さなアルバムでボクの人生がつまっちゃうのか? と寂しくなったりもして、でも聴くとスキっ腹がお腹一杯になった感じがして、もういいや、ボクもくだらないし、音楽もくだらないなと思っていたのです。
 ボクのくだらない部分の宇宙が満たされて、さて次はなにをしようか? と思っても何もする気が起きない。でも今回のアルバムでちょっとはみ出せた。今回のアルバムはボクのくだらないポールまたぎの宇宙を満足で満たしてくれて、もっとくだらない、もっとおもしろい宇宙があるかもしれないと感じさせてくれたの!
 そんな小さな宇宙を満たしてちょっとはみ出せるアルバムでした。


化石になった僕の耳を救ってくれ、TV・オン・ザ・レディオ

4点 ササキ・タカシ@管理人(26歳・男)

 「もうマーズ・ヴォルタとナールズ・バークレイとTV・オン・ザ・レディオがいればそれで良くね?」、そう思っていた時期が私にもありました。はい。本作がリリースされた2006年、僕は確かに一瞬でも、少なくとも一瞬でもそう思っていたのです。ところがどっこい、今回レビューをするにあたって久しぶりに聴き返してみたら、一体どういうことでしょう? あれ、あんま、グッと来ないぞ…。いっちょ大絶賛してやっかと思って選盤したのに、このサウンドの白々しさは、空々しさはなん、なん、だ…? たった2年だぞ? たった2年でこうも印象が変わってしまうものなのか? 原因はなんだ? 単に飽きただけ? 一気に時代遅れな音になってしまったのかな? それとも、僕の耳がこのイノヴェイティヴなサウンドについていけなくなったのか? ああ、「ついていけなくなった」! 大いにありうる! 最近、ビーチ・ボーイズとか聴き過ぎなんだよ、俺。いい加減新譜に手を出せよ。新しいもの好きな、珍しいもの好きなお前はどこに行ったんだ? 「TV・オン・ザ・レディオはロックの未来」というメディアの言葉を信じて疑わなかったお前はどこに行ったんだ?
 僕は彼らの音楽を本作一枚しか聴いたことがないのですが、それでも十分、本作に収録されている楽曲が新しいロック・ミュージックのプレゼンテーションとなっていることをちゃんと感じていたのです。非欧米的な民族音楽スレスレのリズム・セクションをベースにソウルの甘美的なグルーヴを突っ込んでノイジーなギターをかき鳴らしつつ音響派ロックみたいなデリケートな処理を施しました、っつう、言ってしまえばそれ幕の内弁当じゃん、っていう身も蓋もない、それでいて今まで誰もなし得なかった雑食性を持った新世代の“ロックンロール”。そう、2年前、本作は他のどのアルバムよりもロックンロールなアルバムだったんです。だって僕、初めて聴いた時、「なんかT-REXみたいだな」って思いましたもん。あ、こりゃグラム・ロックだ、と。もしかしたらデヴィッド・ボウイがゲストで参加してるからそう思っただけなのかもしれませんが、確かに当時は「アークティック・モンキーズの3倍はこっちの方がセクシーでしょ」って思ってたんですよ。アークティックにハマっていたリスナーたちを尻目に、得意気にそう思ってたんですよ!
 いったい、面白くなくなってしまった原因はなんなんでしょうね? 「飽きた」とか「聴く耳のセンスが古くなった」とか、内的要因だけだったら良いんですけどねえ。なんとなくここ2年の欧米のロック・シーンで『雑食的なポップ・ミュージック/アート・ロック』みたいなのが一気に消費され過ぎてしまってるんじゃないか、なんていらん心配をしてしまうんですよね。 今現在でもまだ、TVオン・ザ・レディオさんたちは新世代のロックの救世主として期待されているようですが、果たして今月にリリースされる彼らのニュー・アルバムは、僕の新しいもの好きアンテナを再びピンコ立ちにしてくれるんでしょうか。 ちょっと心配です。だって僕、最近、「やっぱヴァインズは最高だよね」とか思っちゃってるんですよ? ブライアン・ウィルソンの新作聴きました? あれ聴いちゃったら他の音楽なんて聴けねえよ! 嫌だなあ、ヴァインズもブライアンも、最先端な音楽なんて1ミリもやってないんだよなあ。


参考リンク

Blogs Like Teen Spirit 3 ~ポピュラー・ミュージックの過去と未来、そして今を語る~:【第13位】21世紀のロック名盤 (TV On The Radio) - livedoor Blog(ブログ)

TV On The Radio "Return To Cookie Mountain"|Back To Back


Wolf Like Me






今回の選盤理由(ササキ・タカシ@管理人)

・TVオン・ザ・レディオの新作『Dear Science』が9月24日にリリースされるので、その予習として。

・日本じゃ地味ですが、欧米では「'00年代を代表する傑作の一枚」みたいになってるらしいですよ、これ。



次回(9月21日更新)のレビューは、
NUMBER GIRL『SAPPUKEI』です。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/15(月) 02:34:35|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【レビュー】 Brian Wilson『SMiLE』

今回のレビューは、ザ・ビーチ・ボーイズのフロントマン、ブライアン・ウィルソンが2004年にリリースしたアルバム『スマイル』です。


SMiLESMiLE
(2004/10/04)
Brian Wilson

商品詳細を見る



泣き笑いの人生

9点 ササキ・タカシ@管理人(26歳・男)

 今年、父が仕事を辞めた。昨年、18歳で上京した時から実に37年間も働き続けた会社を退職し、元上司が独立して起業した会社に勤めることになったのだが、どうやらその元上司の破天荒な経営についていけなかったらしく一年あまりでその会社も辞めてしまった。今のところ次の仕事の目処は立てていないようで、彼は言わば人生初の無職者としての生活を送っている。と言っても、僕ら家族は彼の現状をあまりシリアスに考えているわけではなく、彼本人も長い夏休みみたいなものだと思っているようだ。仕事なんて探せばいくらでも見つかるし、失業保険だって何ヶ月かは貰えるしね。これと言った趣味もなく、暇をもてあますことに慣れていなかったからなのか最初のうちは働かないでいることに不安を抱えていたみたいだけど、最近は一日中テレビを見たりたまにウォーキングしたりしてわりとのん気に生活をしてる。
 社会人になって既に2度も職を変えている僕にしてみれば、38年間という長い年月には気が遠くなってくる。父はことあるごとに母に「自分は今の仕事は向いていない」と漏らしていたらしい。向いていないと思う仕事を38年間も続けてきたのだ。僕には理解できない。はたして父はこの38年間、幸せだったのかなあ。いや、たぶん幸せとか不幸せとかそんなものは二の次なのだろう。彼は僕ら家族のために、何より自分の存在意義を守るために、得意でない仕事とともに38年間生きてきたのだ。その長い年月の中で彼はきっと、僕のような若輩者にはわからない苦労やそして喜びを経験したのだろう。父ちゃん、他の誰が認めなくとも息子である僕だけは認めさせてほしい。あなたの38年間は、他のどんな時間よりも意味のある38年間だった。あなたの38年間のおかげで、たくさんの人間の笑顔が、涙が、様々な感情が生まれたのだ。
 本作『SMiLE』は、ザ・ビーチ・ボーイズのフロントマンであるブライアン・ウィルソンが1967年に挫折したものを37年の時を経て完成させた奇跡のような作品だ。「アメリカ史における風物」をたった47分のCDに凝縮したこのコンセプト・アルバムをブライアンは37年間かけてようやく完成させた。僕はブライアンがその37年間にどんな人生を送ってきたのか詳しくは知らない。きっと彼にも僕が想像もできないような苦労やそして喜びがあったのだろう。だからこそ本作には、その37年間の感情が是もなく否もなく無邪気に内在している。こんなアルバム、他に存在しないよ。ビーチ・ボーイズの『Pet sounds』が「思春期の刹那」を表現した最高傑作ならば、この『SMiLE』はひとりの人間の「半生」が滲み出た世界で唯一の傑作だ。組曲構成、ルーツ・ミュージック、お得意のコーラスワーク、おもちゃのようなサウンド・エフェクト、ロックン・ロール、そして窒息しそうになるほどのグッド・メロディ。それらを使って、喜びや悲しみなどの人間の根源的な感情が表現されている。そうなんだ、きっと幸せだとか不幸せだとか、そんなものは二の次なんだ。だって、人生は泣き笑いの連続なのだから。たった26年間の人生しか送っていない僕でも、この『SMiLE』を聴けばわかる。笑顔になるために、涙を流すために。人間が日々を生きる理由なんて、ただそれだけのことなんだ。
 僕には父やブライアンが今までどんな思いで生きてきたかなんて永遠にわからないだろうな。それでも今も彼は長い夏休みをのん気に過ごしているし、彼はこの2008年に完全新作のオリジナルアルバムをリリースした。そして、彼らの人生は依然として続いている。はは、「人生は依然として続いている」、だって! 「生きてるだけで幸せだ」なんて口が裂けても言えない。だからこそ「人生は依然として続いている」というありふれた奇跡に、さあ、笑おう。そして声を出して泣こう。波はまだあがっちゃいない。感情が空っぽになったらまたこの『SMiLE』を聴けばいい。願わくば、彼らや僕の今後の人生が、笑顔と涙でグシャグシャであらんことを!


ちょっと足踏みでもしてみるか

6点 永作佳紀(23歳・男) →創作集団 Ditto

 心地良いことはいいことなのだろうか?! 今回のアルバム「スマイル」心地いいよ。お腹にやさしいよ。しかし同時に思ったことが心地いいっていいことなのか? と思ったのであります。
 どうもボクは癒されるというのが苦手で癒されると記憶がなくなる感じ、これわかるかなぁ? ものごとはうまくいっていると何もしたくなくなるみたいです、ボクは。でも何もしていないと小さくなるんだな。消えてしまう!
 だから心地いいと危ない、危ないと思ってしまうのです。それくらい今回のアルバムは聴いていて力を抜いて眠ってしまうのです。
 聴くもんじゃねえな。と思いながら聴いてしまう。仕事の休憩時間に聴いたら仕事なんてしたくなくなる。あぁ聴くもんじゃない!
 でもな!
 友達と交換日記小説みたいなのを書いていて、なかなかその友達とかみ合わない。一方的なんだな、ボクが。でもそれが楽しいと思えたのは今回のアルバムを聴いていたからだろうと思う。というのはこのアルバムが前に進んでいない感じだから。このアルバムを聴いて足踏みをして、止まらないで、足踏みをして、そんなこともおもしろいんじゃないかな。かみ合わないのもおもしろいや。途中で終わってしまってもいいや。なんかそんな心持ちになれたアルバム。
 それがいいことか悪いことかもうちょっと時間がかかるなあ。


参考リンク

SAMARQAND淫美ブログ---アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。

音楽の杜 : Brian Wilson 「SMiLE」 (2004)

Brian Wilson presents "Smile" - 酔人の愛聴盤 - Yahoo!ブログ

Music Collection: Brian Wilson "SMiLE" (2004)

Rock and Movie Reviews : The Wild and The Innocent : Brian Wilson "SMiLE"(2004) ~素晴らしい新作~

プログレを語ろう: Smile / Brian Wilson

TURNITONのディグアポニー | Brian Wilson 「Smile」






今回の選盤理由(ササキ・タカシ@管理人)

・今回は完全に僕の趣味です。特に理由はございません。

・というわけで、ブライアン・ウィルソンの完全新作『That Lucky Old Sun』、絶賛発売中です!



次回(9月14日更新)のレビューは、
TV on the Radio『Return to Cookie Mountain』です。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/12(金) 00:11:00|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:1

【お知らせ】 Brian Wilson『SMiLE』のレビューは近日中にレビューします

管理人のササキです。

9月7日に更新予定でしたBrian Wilson『SMiLE』のレビューは明日か近日中に更新いたします。

本当に最近グダグダですいません・・・

更新の曜日を変えようかと思っています。

よろしくお願いいたします。
  1. 2008/09/08(月) 01:31:03|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【お知らせ】 次回(9月7日更新)のレビューは、Brian Wilson『SMiLE』です

次回(9月7日更新)のレビューは、
Brian Wilson『SMiLE』です。



次回こそはちゃんと日曜日のうちに更新したいと思います。

もしこのブログをご覧になってる方で、「『SMiLE』に関しては一言いいたいことがある」という人がいらっしゃいましたら今すぐご連絡を!

レビュー書いてください!

見てるだけじゃなく、参加した方が絶対楽しいでお馴染みの当ブログです。
  1. 2008/09/03(水) 00:50:45|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【フェイバリット】 Gorillaz『Demon Days』

8月31日更新予定だったゴリラズの『ディーモン・デイズ』のレビューですが、各レビュアーさんのレビューが回収できなかったので【フェイバリット】としてササキが単独でやります。
楽しみにしてくれた方がいましたら、ごめんね。


デーモンさんの不穏な音楽シリーズ

ササキ・タカシ@管理人(26歳・男)

 “Feel Good inc.”を初めて聴いた時は本当にショックだった。こんなマニアックな曲が、どうしてこうも完璧なまでに「ポップ・ソング」として成立するんだろうか、と。ゴリラズは、いや、ゴリラズと言うペルソナを得たデーモン・アルバーン(ex ブラー)は、本気でポップ・ソングの定義の更新をしてしまったんじゃないのか。いや待てよ。この感じ、どっかで聴き覚えがあるぞ。あ、そうだ、あれだ! ブラーの、“Girls & Boys”だ! 僕は十数年前にも、ポップ・ソングの定義が立て続けに更新されていく状況に立ち会っていたんだ。今思うと、たぶんそうなのだ。
 デーモン・アルバーンという人はきっと、優れたミュージシャンである前に希代のポップ・アーティストなのだろう。「ブリット・ポップを代表する傑作」と言われたブラーの3rd『Parklife』がブリット・ポップの終焉とともにたちまち化石みたいになってしまったのはたぶんそのせいだ。『Parklife』は、90年代の実りなき喧騒の「気分」が端的に具体化されたアルバムだった。でもその後、どん詰まりの世紀末において世界はその「気分」を維持することは出来なかったし、9.11後の絶望はたちまちブラーを「ただの中堅バンド」にしてしまった。2000年以降にリリースされた現在のところ唯一のブラーのアルバム『Think Tank』はそんなネガティブな時代の空気を切り取った佳作だったけど、いかんせんポップ・ミュージックとして多くの人間と会話できるほどのポピュラリティーは持ち合わせていなかったと思う。
 そんな中で、フロントマンのデーモン・アルバーンが単なる思い付きのように始めたソロ・プロジェクトがこのゴリラズ。もちろん僕も最初は漫画家とのタイアップの単なる企画物のユニットだと思っていた。
でも、2ndアルバムである本作『Demon Days』を耳にして、本人たちにはありがたくないであろうことを連想せずにいられなかった。「これは、'00年代の不穏な空気を端的に具体化した、恐ろしいほどポップなアルバムだ。これこそ'00年代の『Parklife』だ」などと。
 皮肉だよね。ブラー時代に得ることの出来なかった米国での人気を、ゴリラズではいとも感単に得てしまった。そりゃそうだよ。目を閉じて聴けばわかる。中堅ミュージシャンのオタク趣味まるだしなこのサウンドが、マンガのキャラクターたちが演奏しているんだと想像するだけで、一瞬で完全無欠のポップ・ミュージックに早変わり。90年代の遺物に成り下がってたデーモンは、2006年に再びポップ・ソングの最先端を提示したのだ。
 正直に言うと、他の収録曲に“Feel Good inc.”と並ぶかそれ以上にポップ・ソングとしての強度をもった曲があるとは僕には思えなかっけど、新しいポップ・ミュージックの可能性を感じる音がやはり本作には部分部分そこかしこに鎮座している。たぶん、本作の不穏なサウンド・プロダクションを時代遅れに感じてしまう時こそが、新しい時代の到来なのだろう。しかし残念ながら、2008年において僕はまだ、本作に不気味なほどの鮮度を感じては、飽きもせず聴き続けている。


Gorillaz 『Demon Days』 6点
 
ディーモン・デイズディーモン・デイズ
(2008/06/11)
ゴリラズ

商品詳細を見る



Gorillaz Dirty Harry Video


Gorillaz - Feel Good Inc.


Gorillaz El Mañana


Gorillaz - DARE


テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/02(火) 02:35:07|
  2. フェイバリット
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
前のページ

ランキング攻略中!

FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 
クチコミblogランキング TREview  人気ブログランキングへ 

プロフィール

ササキ・タカシ


このブログは、80年代に生まれ90年代の音楽を愛した、心は14歳、体は20代のロック少年が、2000年代に発売されたロック・ミュージックをレビューする感想サイトです。

点数基準
10点→生涯の名盤。
9~8点→夢中になれる傑作。
7~6点→良いアルバムだと思う。
5~4点→普通に聴ける。
3~2点→ちょっと退屈。
1点→良さがわからない。
0点→不快。

2009年5月より、採点の仕方をちょこっと変更。
pitchforkにならって点数を小数点第一位まで表示。
管理人の採点をちょっと甘めにしました。

当ブログで記事を書いていたただける20代の方、募集中です。レビューが書きたくてたまらない方、既に自分のブログをお持ちの方、ロックは好きだけど自分でブログをやるのが面倒臭い方、どんな方でもお待ちしています。むしろロックなんてあんまり聴かないような方、大歓迎です。ご連絡ください。

sasaki004y@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。