放課後、図書館からロック・ミュージック。

Add some music to your day.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【レビュー】 ACIDMAN『and world』

今回のレビューは、2008年4月16日に6thアルバムをリリースする日本のバンド、ACIDMANが2005年に発表した4thアルバム『and world』です。


and world(通常盤)and world(通常盤)
(2005/12/07)
ACIDMAN

商品詳細を見る



日本語はおかしいカモですが、何回も見直したよ、下記がボクのアシッドマンの感想ですというタイトル

7点 永作佳紀

 え? なに? これ? それ? どれ? いま? きみ? だ・ぽ 咲く と? とーと・と・と。みたいなアシッドマンを聴くと頭が混乱状態になるの。「なんか・・・」という感覚でいっぱいになってしまうの。アシッドマンの音楽は音楽でしか伝えられんけど、なんか文章で伝えられるような気になるような気になる。
ということで今、ボクは新宿じゃなくて大久保あたりで、大久保でも新大久保で、そんなところに住んどる気になってきて。なんかギラギラ、テロテロしとる看板にはすんごくキレイなモデルがおって、ユニクロの看板でそのモデルは安田成美で、木梨則武の奥さんかぁと思って、でも考えてみると安田成美が木梨則武の奥さんっていうのは始めは知らんくて、最近友達に聞いたらそうゆうことで、ちょっとがっかりしたけど木梨則武ならいいか、と思っていたなぁ、と思いながら沼袋という駅の近くを歩いていたの。
 そんな映像みたいな、プールの水みたいな言葉の映像がボクの頭の中に溢れてきてですね、混乱してしまうのですよ。
 アシッドマンはやっぱりボクも好きらしく、どうしてもテンションが上がってしまいます。でもテンションが上がって、どうもなんか、ファンタジーでみたされるんやけど、だけどファンタジーの世界の前に立たされて、入れないの。入れん、入れん! そこで止まっとる感じ。でもまあいいや、ここまでつれて来てもらったから。
そんな感じの音楽だー、アシッドマンは!


ギターを抱えた修行僧、世界と対峙する

5点 ササキ・タカシ

 これはすごい。すごいバカだ。「人生は辛くとも、やはり世界は美しい」などという、聴きようにっては開き直りとも言える悟りの境地に達してしまっているような、ポジティブ・フィーリングに溢れたアルバムですよ、これは。もちろん、だからと言ってお気楽なサウンドが鳴らされてるわけではありません。ハードコアをベースにした重っ苦しいギターサウンドにこれまた重っ苦しいストリングスを所々にまぶしましたっていう、音だけ聴いたらとてもポジティブには聴こえない、いかにも邦楽のインディ・バンド然としたものなのです。が、何よりこのどポップなメロディと、結局何が言いたいのか本人もわからなくなっちゃってるくらい大袈裟な自然観で彩られた歌詞が、ロックのロックにしかありえない陽性を醸し出しているのです。このポジティブ感は、サウンド的には全く共通点はありませんがクイーンの凄まじさに似ています。最近ので言ったら、ミューズとか、マイ・ケミカル・ロマンスとか、冷静に聴くとちょっと笑ってしまうような、大袈裟ロックの究極です。
 トータルの流れが素晴らしい。曲の順番はパーフェクトに近いんじゃないでしょうか。一曲一曲にはちょっと弱さを感じますが、通して聴くと「傑作だなあ」と感じられるほど、緻密に作りこまれています。正直、あまり僕の得意なサウンドではなかったのですが、っていうかどっちかっていうと苦手なタイプのサウンドなのですが、それでもここまで耳馴染み良く聴けたって言うのは、たぶん、この曲構成にあると思います。
 予想以上に良かったのが悔しかったので、不満な部分も少々。高音域がブーストされすぎな、J-POP特有のキンキンシャリシャリの録音が納得できません。せめてボーカルくらいもっと柔らかいミックスにするべきだと思います。せっかく深みのある良い声をしているのだから。あと、単純にアレンジの部分にすこし退屈を感じます。イントロはまだしも、Bメロからサビになっていくと、ミドルテンポの曲以がただギターをガシャガシャやっているだけでほとんど同じアレンジになってしまっているように思うのです。もっとそれぞれの美しいメロディを活かしたアレンジにするべきだと感じました。


テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/13(日) 21:27:56|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それでは聴いてください、東京事変 “キラーチューン”

『それでは聴いてください』は、筆者がその日に聴いていた名曲を紹介するコーナーです。


“キラーチューン” 東京事変




椎名林檎がフロントマンを勤めるバンド、東京事変が去年に発売したアルバム『娯楽』に収録されているリードシングル曲。
遊び心、というか、大の大人が本気で遊んでるような自由な感覚のアレンジが素晴らしい。
サビでどんどんと変化していくリードギターが面白い。
もちろん、ナンセンスな詩作や歌謡チックなメロディも相変わらずなオリジナリティ。
こんなに楽しい音楽を作ってるのに、彼女らの作品が以前ほど評論の対象にあがっていないのは寂しい限りに思う。




テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/11(金) 22:37:33|
  2. それでは聴いてください
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それでは聴いてください、ザ・クロマニヨンズ “紙飛行機”

『それでは聴いてください』は、筆者がその日に聴いていた名曲を紹介するコーナーです。


“紙飛行機” ザ・クロマニヨンズ




ザ・クロマニヨンズの3rdシングル曲。
昨年発売された2ndアルバム『CAVE PARTY』にも収録されている。
ああ、何と言うかもう、イントロを聴いただけで充分だ。
特筆して何か新しいことをしてるわけでもない、オリジナリティがあるわけでもない。
でも僕はこのギター、ベース、ドラムの愚直なまでの疾走感に、走り出したくなるのだ。
だから、声を大にして言ってやる。
ブルー・ハーツやハイロウズなんて大昔のバンドの曲なんか、聴いていられるか。
クロマニヨンズこそが、今の僕が愛すことの出来る日本で唯一のパンク・バンドだ。




テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/08(火) 22:46:10|
  2. それでは聴いてください
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【レビュー】 Mando Diao『Bring 'Em In』

今回のレビューは2008年4月14~17日に来日公演をおこなうスウェーデンのバンド、マンドゥ・ディアオが2003年に発表したデビューアルバム『ブリング・エム・イン』です。


Bring 'Em InBring 'Em In
(2003/08/26)
Mando Diao

商品詳細を見る



なんかねぇ、めちゃくちゃねぇ、安心してしまったのさ

5点 永作佳紀

 聴きやすい曲だ。ずっと流しっぱなしで聴いていた。力を抜いて聴けるよぉ。身体じゅうがゆるゆるだ。軽いテンションを保ちながら良い気分になれる。確実にボクに合っとるよ。
 そしてビートルズ的なものを感じたような気がする。赤盤のビートルズのベストのやつ。聴いているときはビートルズのことなんて浮かばなかったけど、この感じってなんやろ?って考えていたらビートルズにたどりついた。
 「そりゃ良い気分になるはずだ」と納得しながら、物足りなさを感じていた。今まで感想を書いたアルバムたちより感情を大きくゆらさなかったからである。このアルバムのことを考えると懐かしさや安心感みたいなもので満たされてしまった。それだけしか浮かばないなぁ。なんにも考えなくていいや、気持ちいいから。わざと劣化させたような音がいいんだ。やさしいよ、これを聴けない人はいないんじゃないかなぁと思うくらい。


俺たち、最高。俺たちの作る音楽、超最高。

6点 ササキ・タカシ

 「よし、バンドやろうぜ。俺ボーカルでお前ギターな。あ? お前も唄いたい? じゃあツインボーカルな。オリジナル曲作るぞ。ん~♪ ふ、ふ~んふふ~ん♪ お前の~ためならぁ~死ねるぅ~♪ よし一曲できた。超良い曲。早速演奏だ。え、アレンジをまだ考えてないって? ばか、そんなの雰囲気に合わせてそれっぽくプレイしてれば良いんだよ。ジャカジャカジャカジャ~ン♪ ほらな、最高じゃねえか。俺がリード唄うからお前コーラスやれよ。行くぞ。ワン・ツー・スリー・フォー! お前の~ためならぁ~死ねるぅ~♪ ・・・ばかやろ、違えよ、お前はコーラスだって言ってんだろ。同じメロディ唄うんじゃねえ。・・・は? 俺が叫びすぎでうるせえって? 良いんだよ、それがロックンロールなんだよ。とにかくもっと早いテンポでやろうぜ。せっかくだから録音もしておこう。行くぞ。ワン・ツー・スリー・フォー! お前の~ためならぁ~死ねるぅ~♪ ・・・よしレコーディング終了。パソコンに突っ込んどけ。CD-Rに焼くぞ。うぉ、超最高! これが俺たちの1stアルバムだぜ!」
 スウェーデン人が作るメロディや曲展開のツボは日本人が作るそれとかなり似てると思うんですよね。だからこそ、日本でこんな音楽をやるバンドがいないのが残念でしかたがないんです。ロックンロールなんて、合唱したくなるようなポップなメロディと、ギターをガシャガシャかき鳴らすテンション、それと「自分たちは最高だ」と思える根拠のない自信さえあれば、それでいいんですから。だってほら、ほぼそれだけが取柄のこのアルバムですら、こんなにも最高なんですよ?


テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/06(日) 19:59:10|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それでは聴いてください、The Whip “Trash”

『それでは聴いてください』は、筆者がその日に聴いていた名曲を紹介するコーナーです。


“Trash” The Whip




英国、マンチェスターのバンド、The Whipのデビューアルバム『X Marks Destination』に収録されている一曲。
rockin' onの2008年5月号に付録されているサンプルCDにもこの曲が収録されている。
なんと言うか、非常に、懐かしい。
最近じゃあロックとダンス・ミュージックのクロス・オーヴァーなんて珍しくも何ともないけど、この曲を聴いたら90年代中期のデジタル・ロック(死語)のジャスト感を思い出してしまった。
この感覚は、初めてプロディジーを聴いた時の高揚感に近い。
でもこの音圧高めの4つ打ちナンバーの前には、古いとか新しいとか、そんな理屈は必要ないのだろう。
同じアホなら踊らにゃそんそん、だ。

※rockin' onのサンプラーのクレジットは順番が間違っています。
 正しくはこの曲が“Trash”です。




テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/05(土) 00:31:50|
  2. それでは聴いてください
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

それでは聴いてください、Super Furry Animals “Run-Away”

『それでは聴いてください』は、筆者がその日に聴いていた名曲を紹介するコーナーです。


“Run-Away” Super Furry Animals




英国のバンド、スーパー・ファーリー・アニマルズが昨年発売したアルバム『ヘイ! ビーナス』に収録されているシングル曲。
まるで、60年代のサイケ・ロックとモータウンが濃厚なセックスをしているような高濃度ポップソング。
ポップでヘヴィでドリーミーでセンチメンタル、おもろうてやがて悲し。
これはもう、「さすがスーパー・ファーリーズ」としかコメントしようがない。
やっすいメロドラマ風のPVも、わけがわからなくて最高。




テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/02(水) 22:37:20|
  2. それでは聴いてください
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

ランキング攻略中!

FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ 
クチコミblogランキング TREview  人気ブログランキングへ 

プロフィール

ササキ・タカシ


このブログは、80年代に生まれ90年代の音楽を愛した、心は14歳、体は20代のロック少年が、2000年代に発売されたロック・ミュージックをレビューする感想サイトです。

点数基準
10点→生涯の名盤。
9~8点→夢中になれる傑作。
7~6点→良いアルバムだと思う。
5~4点→普通に聴ける。
3~2点→ちょっと退屈。
1点→良さがわからない。
0点→不快。

2009年5月より、採点の仕方をちょこっと変更。
pitchforkにならって点数を小数点第一位まで表示。
管理人の採点をちょっと甘めにしました。

当ブログで記事を書いていたただける20代の方、募集中です。レビューが書きたくてたまらない方、既に自分のブログをお持ちの方、ロックは好きだけど自分でブログをやるのが面倒臭い方、どんな方でもお待ちしています。むしろロックなんてあんまり聴かないような方、大歓迎です。ご連絡ください。

sasaki004y@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。